アガシジィ アレンカー 孵化

 このところアガシジィ水槽の前面のガラスに苔が付いていて、掃除するのがめんどくさく観察も疎かになっていました。今朝水槽を見ていたらなんか雌が黄色くて強気だなと思い、のぞき込んでみてもシェルターを出入りする様子はありません。ライトをつけてガラス面を掃除するとヨークサックを付けた稚魚が15匹ほど転がっていました。ちょっと前に少しお腹が膨らみ始めたなと思っていたのですが、まあまだ産まないだろうと高を括っていました。まだ雌も小さく雄をズタボロにされることはありませんでしたが、いつ夫婦喧嘩が勃発するか分からないので雄をお引越ししました。アガシジィの雌は強いと聞いていまして、たしかにビタエニやトリファの雌より強い気がします。これだけしっかり卵を守ってくれると雄を取り出すのが遅れても浮上まで守り切ってくれそうですね。

 水の調子が良い程、雌の黄色が鮮やかになって凶暴になると思います。今回の水はあまり安定していないので、もっとアガシジィの雌は強く黄色くなるのかもしれません。

 帰宅後雌の様子を見たらさらに黄色く凶暴化していました。雄を抜いてなければやられていたと思います。キ○メさんのブログをでアガシジィの母親が凶暴だという話を読んでいてよかったです笑

 別のことに集中したいのでしばらくブログを休もうと思います。アガシジィの稚魚の経過などはtwitterの方で軽くつぶやいていきたいと思います.
 ご興味ある方は@B7m0Enのフォローをよろしくお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です