ig. net

Ap. ボレリー(育成中)

パンタナル産のボレリーです。

小さい頃

オスはイエローフェイスに小さなレッドスポットのある個体です。

3センチぐらい。

2020/10/12 ビタエニのメスに負けて色が飛んでしまいました。

まだ小さいからね(^_^;)

メスは2センチぐらい。

まだまだ繁殖まで遠そうです。

メス殺しが怖いので、ビタエニF1のメスと一緒に混泳させています。

2020/12/25 少し大きくなりました(^^)

2021/7月頭 鏡見せてます。

だいぶ成長しました。

黄色の濃さと縦じまが良いです。

メスは子育て中

買ったとき小さくて子取りできるまで一年近くかかりました。

その間に死なせないかほんとに怖かった…

ご飯の時間は興奮してもうちょっと青くなります。

お顔は相変わらず可愛いです(*^_^*)

出会い

行きつけのアピスト屋さんにパラクーバから来たビタエニアータを見に行った時にこのボレリーも居ました。

ボレリーは初めて飼育したアピストで大好きな種類です。

入荷があるとなんとなく水槽を覗き込んでしまうのですが、見てビックリ。

キラキラしている。なんか知ってるボレリーと違う。

ボレリーは好きなものの、ワイルドの青色は薄いことが多く、発色に対して不満を持っている魚でもありました。

水槽を暗くして、良い角度で光が当たると綺麗に見えるよね。

そんな魚だと思っていました。

しかし、このロットは明るいところでも青い。

顔の黄色もべったりと濃い。

ビタエニとボレリーどちらを買うか悩んで、ボレリーを1ペア、ビタエニをオスだけ買って帰りました。

チャームポイント

体の真ん中らへんの鱗が特に青いです。

もう青というより紺色。

もちろん、気分や体調によって青が薄くなったりしますが、見方によっては青く反射してるな~って程度ではなく、はっきりと青色に見えます。

僕にとって、このボレリーはD39よりも珍しいアピストです。

気を引き締めて飼育したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です