ig. net

オニテナガエビ

写真

購入時 オス まだまだ大きくなります。
脱皮直後
抜け殻

見た目

デカい! 世界最大級のテナガエビ!

小さい頃にロブスターを飼育してみたいと思っていたけど海水は大変。

淡水でもロブスター飼いたい欲を満たせる良品種です。

体形はザリガニ系とはかけ離れている。

青く大きな爪の先に毛が生えている。

性格

臆病。

水槽の中からこちらのことをよく見ていて、人影に驚いて威嚇してきたりする。

感情が行動に現れやすく、可愛いペットだった。

行動

動きは遅くないがヨタヨタしてた気がする。

あんまり憶えてません。

出身地

東南アジア

飼育環境

大食漢で水を汚します。

その頃は初心者だったので、水換えしないでいいと思ってて死なせました。

広いスペースがないと脱皮が大変そう。

60センチレギュラーじゃ狭い。

繁殖

海水が必要。

養殖されている生き物なので、養殖データを参考にすると良いと思います。

肉食で、冷凍イカとか冷凍アサリとかあげてた。

同じものばかり与えてると飽きて食べなくなる。

あと、脱皮前の時とか水質悪化で食欲が落ちる。

タイで食べました。

ブラックタイガーより水っぽいけど、僕は好きな味です。

ちょっと高い。

その他

外国産テナガエビの輸入が規制されてしまい、国内養殖個体のみしか入手できなくなりました。

ペルーレケーナシュリンプやエスクレンタムシュリンプなど、魅力的な外国産淡水テナガエビがまとめて入手できなくなりました。

非常に残念です。

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です