ig. net

ツーテンプル

Hygrophila corymbosa “angustifolia”(※1)

写真

葉っぱ
ライトに近いと赤くなる
太い茎

見た目

竹のように節のある茎から柳のような葉を伸ばし、和の雰囲気がある水草。

一つの節から葉を2枚出すのが名前の由来。

水流に葉が揺れ、流れと爽やかさを表現できる。

一方で、密集させれば鬱蒼とした感じになる。

葉の間に空間ができやすく、小型魚の隠れ家になる。

レイアウト例

流木の影から長い葉が顔を出すように配置した。

下葉が落ちることもなく、多少薄暗くても耐えてくれてる。

サイアミとツーテンプル。

渋い魚と雰囲気が合う。

大きさ

葉の長さは手の平ほどになる。

産地

東南アジア

水質

今うちで育ててる環境はpH6.5~6.0ぐらい。

アマゾニア使用で石を入れなければ自然と弱酸性になっている。

CO2あり。

その他

AngustiforiaってAngus地方に生えてるって意味じゃなくって、Angusさんが見つけったって意味なんでしょうね。(※3)

※参考

  1. https://www.shopping-charm.jp/product/2c2c2c2c-2c2c-2c2c-2c2c-343034313536
  2. https://www.aquaticplantcentral.com/forumapc/plantfinder/details.php?id=139
  3. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%B9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です