ig. net

かゆい水

水槽に手を入れてメンテしたときに、肌がかゆくなる水槽があります。

そういう水槽だと、魚も体を擦る動きをしたりします。

雑菌が湧いているのだと思います。

ろ過バクテリアを大繁殖させることによって雑菌の住める場所を潰すという対策が一つ。

(ろ過バクテリアの多い水槽だと、カラムナリスによるヒレ溶けも少ないと聞いたことがあります。)

水替えで外に出す方法がもう一つ。

餌を減らせば雑菌を抑えられるのかは疑問に思うところです。

ろ過バクテリアを増やして雑菌を追い出したいのに、餌を減らすのは逆効果化もしれません。

トリファの水槽で手がかゆくなる状態になってしまいました。

この水槽は餌の量もそれなりに多くてpHも下がっていく水槽だったので意外でした。

もう少し餌を増やした方が安定するかな?

トリファがまだ小さいせいで、ハミハミペッペによる砂のかき混ぜが足りてないかな?

思い当たるところはあります。

トリファは2回浮上させた経験がありますが、どちらも立ち上げたばかりの水槽でした。

新しい水槽はろ過バクテリアも少ないですが雑菌も少ないです。

今回は新しい水槽の条件に寄せてみようと思い、3分の2を水道水で換水しました。

これだけ水を換えてpHも上がったと思いますが、トリファは気にしてなさそうでした。

白濁りは換水では収まりませんが、今回の場合、雑菌は収まるのでしょうか?

スポンジにはろ過バクテリアがそこそこ定着していますし、底床がソイルではないので余計な栄養分はありません。

スポンジ以外の壁面や砂などを掃除していって、雑菌が収まるのか検証していきたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です